スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/11第7期生21回目

7/11、第7期生21回目の様子をお伝えします

設計演習

今回は、いよいよ建築塾のラストを締めくくる第3課題『自然を受信する庭』が出題されました


これまで塾生たちが取り組んできた第1課題、第2課題はルールに身を任せることによって、
自らの手によらない空間構成を実現するということが趣旨でした

うってかわって、今回の第3課題にはルールというものは設けられていません
新しい空間構成を実現することよりも、空気の質、空間そのものが、どのように現象するのかということを深く掘り下げることが重要視されます

すなわちこの課題の意図とは、いかに自然を捉え、それをどのように受信し、空間化するのかということだけなのです


ところで、一般に自然というと、光、風、雨、雲、水、夕焼け、雷、霜、虹、水泡、磁力、重力、オーロラ、蜃気楼、滝、山、海、川などが上げられますが、私たちは本当の意味で自然を捉えられているのでしょうか

例えば、ひまわりを思い浮かべてください
himawariのコピー
上の画像はポンチ絵のひまわりです
長年の画一的な教育を受けてしまった多くの人たちは、上の画像のようにひまわりの上っ面だけしかひまわりを捉えきれていません

しかし実際のひまわりは下の絵画ゴッホの「ひまわり」のように、もっと種の部分がゴツゴツとしており、生々しい姿をしています

g01.jpeg
この絵画のように本当の自然を人々に再認識させるようなものを造る必要があるのです

次週からはエスキス開始です☆
皆はどのような自然を受信しようとするのでしょうか

建築論
〜西洋哲学2000年のおさらい〜

これまでの2000年間の西洋の哲学は、ほぼ形而上学(固体的・形式的)でした。
その後20世紀あたりから形而下学(流体的・非形式的)も見られるようになりました!

まず「ギリシア哲学」からです☆

プラトン:固体の哲学の創始者
イデア論の元祖
プラトンはどんなものにも究極の理想型(イデア)があると考えました
そしてそのイデアこそが真実の実存であるとしたのです

例えば、いくつかの「イス」があるとします
イス

カラフル
それぞれ材料や色などが違っていても、まず間違いなく誰もが「イス」であると認識できるでしょう。
ならば、プラトンは「イス」の背後には唯一無二の理想型(イデア)が存在するのではないかと考えたのです
つまりイデアがツリーの頂点に位置し、その他の「イス」はイデアから派生したモノにすぎないと、していたのです


イデアは不完全な人間の「感覚」では捉えられず、「理性」によってのみ捉えられるとされました。

こうして、プラトンは経験主義のような人間の感覚や経験を基盤に据えた思想を否定したのです
つまりプラトンの哲学はリジッドで固体的な哲学といえます



アリストテレス:流体の哲学の創始者
アリストテレスは師のプラトンのイデア論を引き継ぎながらも、イデアが個物から離れてツリーの頂点に位置するという考えを批判しました!!

イデア論とは区別して、世界で起こる現象には形相因と質料因があるとしました
・形相(エイドス:イデア的なもの)因:そのものの実体であり本質
・質料(ヒューレー)因:物事が何でできているか

と言いましても、全く分からないですね。。。
プラトンよりも話が複雑ですね

例を挙げて説明しますと、形相と質料は「蜜蝋の刻印」と「蜜蝋」のような関係です!!
刻印

蜜蝋
「蜜蝋の刻印」はそれ自体に刻印の紋様というある種の理想型(形相)を持っていますが、
それだけではその紋様を示すことはできません
「蜜蝋」があって、はじめて紋様を示すことができるのです☆
つまり、形相である「蜜蝋の刻印」は質料である「蜜蝋」と結びつくことでしか、紋様を示すことができないのです

アリストテレスの哲学はプラトンの哲学よりもヒエラルキーが弱く、流体的な哲学と言えます


こうしてガチガチの固定的な西洋の哲学は徐々に流体的なものへと変わっていきます


前田紀貞アトリエ 松下健太
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsukenken0813

Author:matsukenken0813
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。