FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/16 第7期生 13回目

5/16、第7期生の13回目の講義の様子をお伝えします

設計演習
IMG_0070_convert_20120522103158.jpg


メロンのひび割れが起きるメカニズムを建築に応用しようとしている塾生
melon-net-up600.jpg

1193708502_176.jpg

メロンのひび割れは表皮と果実の成長の度合いの差によって、ひび割れるそうです
建築の内部がテントのように膨張する部分の壁がひび割れて、光や風が入ってくるイメージをもっています
果実の中に含まれる成分からも何かルールを見いだそうとしています

表皮と果実の成長の度合いの差はなぜ生まれるのか?、を明らかにすることがこの案を進める近道では??

足跡のでき方を建築に応用しようとしている塾生
pr00035.jpg

12052301_convert_20120523053543.jpg

生物が海から生まれたという歴史をもとに、敷地内で海辺から生物を歩き回らせ、出来上がった足跡を空間化しようというものです
空間化の方法は、足跡によってへこんだのと同じ量の土が淵の部分に盛り上がるというもの
前田塾長は足跡ができるシステムを扱うに至っていないため否定的だったのですが、自分はこのルールでデコボコが複雑にかみ合っていけば、風景が出来上がる可能性があると思います

敷地内で生物を歩き回らせるルールを見つけられると道が開けそうですね


全体的に言えるのは、自らが自然のルールとして扱おうとしているモノの本質の部分まで、迫りきれていないということです

自然物の絵柄を真似たり、本質とは無関係に表層をなでたような連想ゲームになってしまっているのです

例えばメロンのひび割れならば、メロンのひび割れが起こるシステムを建築に翻訳するとどうなるのか?、ということを考えなければならないのです


建築論

論理とは何か?〜表層と深層〜

名称未設定-1_convert_20120523071425

上図は人間の意識の層を表しています
一番上が普段、意識できる理性の部分を示しており、真ん中が個人の無意識
一番下が種としての無意識を表しています

つまり、人間は普段は意識の層全体のほんのわずかしか意識できていないのです

ソニーの井深大はソニー全盛期である今から30年ほど前に、これからは無意識をどう扱うかが重要になってくることを予期しています


人間の記憶の奥底に眠っている無意識の部分を使わない手はありません

人間の無意識を刺激するような建築を目指すことは現在に生きる建築家に命ぜられた使命のひとつだと思います


前田紀貞アトリエ 松下健太
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsukenken0813

Author:matsukenken0813
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。