FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/7 第7期生 4回目

はじめまして
前田紀貞建築塾 第7期TAの松下 健太です。
このブログでは、前田紀貞建築塾 第7期の講義の模様をお伝えしていきます

私自身、第6期の塾生でした。
この塾では建築のテクニックは勿論ですが、それよりも、もっと根にある思想や人としてどうあるべきか、と言うことがとても良く学べます

私はさらに自分磨きをするため、この3月から前田紀貞アトリエで、お世話になっています。


さて、3/7は第7期 4回目の講義でした。

まずは「設計演習」のエスキスです。
IMG_0384.jpg



「設計演習」の第一課題は『ルールを用いた住宅の設計』で、敷地はつくば市に実在する、前田紀貞アトリエのPICNICが建つ敷地です。
自分の定めたルールによって、空間の構成を考えることが今回の課題の趣旨なのです


人間は創造行為を行う際に、自分の手の内にあるスキルによって思うがままにつくってしまいがちです。
この課題ではあるルールを設定することで、自分の中からだけでは決して出てこないような建築を目指します

例えば、この敷地に建っているPICNICのルールは「シマウマ模様」です。
敷地が外部と内部がシマウマの模様のように分かれています。

4119128430_3d75a9c2be.jpg



それでは、塾生のスタディ(検討用)模型をいくつか見てみましょう!!

渡邊 介
IMG_0385.jpg

2台のピアノのためのソナタ ニ長調 第1楽章の楽譜を建築に置き換えようという提案です。



岩永 陽輔
IMG_0386.jpg

波の干渉というルールから、筑波山の男体山と女体山との干渉というストーリーへ発展させようという提案です。


先生からは全体的に、自ら設定したルールに身を委ねきれていない、操作が平面的すぎるといった厳しいコメントが続きます



大場 泰希
IMG_0387.jpg

蝶の鱗粉の構造の一種である、ジャイロイドをモチーフに空間をつくろうという提案です。

模型で表現するのが難しいため、CGでスタディを行っているようですね!?
現時点で空間が見え始めています。これから、どんどんスタディを繰り返していけば、必ずや良い空間が創れるでしょう



結局、ルールは建築空間を導き出すために扱うので、ルールばかりに気を取られて、ルールと空間の創造を結びつけることができなくなってはダメなのです。

塾生は四苦八苦しながら、課題と向き合っているようですが、もうすでにあまり時間がありません!!
どんどん模型をつくってスタディを進めていきましょう


続いて「建築論」の講義です。
IMG_0399.jpg


塾長の前田が長年かけて、熟考してきた内容です
大学などの教育機関における建築教育はテクニックに偏りがちです。
この建築塾の「建築論」ではテクニックではなく、創造の根源となる哲学・思想が主な内容となります。
これを知っているのと知らないのでは、創造行為の質が全然違ってくるのです



今回の内容はまず、ツリー構造とセミラティス構造についてです。

128807045368716121160.jpg
左がツリー構造のモデルで、右がセミラティス構造のモデルとなります。

これらを見てもわかるように、ツリーはヒエラルキー(階層性)が強く、どこか一カ所が切れてしまうと、その先が続かないという脆さがあります。
それに対し、セミラティスはヒエラルキーがなく、どこかが切れても全てが繋がっているので柔軟に対応できます(軍人の連絡、脳の神経細胞)

われわれが目指すべき現代建築は、セミラティス的な柔軟性を持ったものなのです

次に古典の美と近代の美についてです。
古典の美では、ツリーの頂点に君臨する絶対的な「神」、宗教世界を描いたものが美しいとされてきました。
ところが、ニーチェの「神は死んだ」という言葉によって、人々は絶対的であった「神」を失い、世界が白紙になってしまったのです。
人々は芸術において、何を信じれば良いのかわからなくなってしまいました

しかし、人々は絶対的なものが消えたということは、世界は無限の可能性を持つという見方ができることに気がついたのです

自分でストーリーを構築し、今までにない新しい世界観を提示できればそれで良いのです




前田紀貞アトリエ 松下健太

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

matsukenken0813

Author:matsukenken0813
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。