スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/22第7期生26回目


大変遅ればせながら、8/22、第7期生の26回目の様子をお伝えします

今回は第3課題講評会の様子をお伝えします

第3課題「自然を受信する庭」
この課題では、いかに自然を捉え、それをどのように受信し、空間化するのかということが重要視されています
特に課題として与えられる与件ありません。
かなり、自由度の高い課題です
自由ゆえに中々、思うように行かずに塾生たちは苦労しておりました。。。

さて、各塾生のプレゼンテーションの様子を見てみましょう

■渡邊介
8:22①

1247532064_45.jpg

0.jpg
磁性流体の磁力に反応する性質(スパイク現象)を利用しています
音を磁力に変換する装置としてスピーカーを用いて、周囲の音に対して変形して行く庭をつくり出していいるのです


■轡田真波
8:22⑦
振動によって硬化するペースト状の物質を用いて空中に新たな地盤面をつくり出そうというもの
上を人が歩いたり、車が走ると振動によって普段ドロドロしているものが硬化して、ペースト状の物質の上を移動できるというものです


■守屋圭那
8:22⑥

シート-1

縦横無尽に張り巡らされたチューブの中にスチールウールが詰め込んであり、そこに仕込んである硫黄が、夏場の気温により自然発火し、スチールウールが燃えていくというものです


■岩永陽輔
8:22④

1252270240_129.jpg

1252269354_143.jpg
人工衛星のパネルの展開方法を研究する過程で生み出された、ミウラ折りという折り方を3次元的に用いて、風景が複雑に映り込む装置をつくり出しています
これを商店街の庇として用いて、雨水の反射を楽しもうというものです


■五十嵐将史
8:22③

8:22②

IMG_0161@.jpg

水がはられたガラスの箱の上にガラス玉の集合体がつり下げられ、ガラスの箱の下から見上げると乱反射した光を体感する事ができるというものです


全体的にストーリの爪が甘く、どの案も一体自然をどのように捉え、どのように受信したのかがあまり表現されていなかったように感じます
前田紀貞建築塾の終了課題としては少し物足りない結果となってしまいました
よって、今回は優秀賞・最優秀賞共に該当者なしということに。。。

その中でも岩永陽輔の案は装置として、可能性があると思われます
ここで終わりにせず、まだまだ他のシチュエーションで扱うと、どうなるのだろうかと考えてみると面白そうです



ついに今回で前田紀貞建築塾 第7期は終了となります
約半年間このブログでも、塾の様子をお伝えしてきましたが、建築・人生に対してどのように向かい合えば良いのかという事が多少なりとも伝わっていれば幸いです


前田紀貞アトリエ 松下健太


スポンサーサイト

8/15第7期生25回目


大変遅ればせながら、8/15、第7期生の25回目の様子をお伝えします

前回に続いて今回も、各人あまり案が進んでいないようです。。。

第3課題の講評会まで、あと1週間しかありません
大丈夫なのでしょうか


そんな塾生たちを見るに見かねた前田塾長は、気合いを入れ直すために戦時中の映像を塾生たちに見せることにしました

8:15①


動画を見た各人の感想

■渡邊介
天皇陛下万歳という風潮は洗脳によるものだと思い込んでいた。
やはり、人間はそれだけでは死ねない。
次の世代に良い国を残そうという強い意志があったからだと思う。
今、自分が建築に向かう姿勢にそれだけの気迫を持てていない。
もっと死にものぐるいでやらなければ!!

■岩永陽輔
長崎出身なので小学生の頃から、授業等で戦時中の話を聞く機会が多々あったが、あまり聞いて気分の良い話ではなかったし、どちらかというと目をそむけて来た。
もし自分が、神風特攻隊として出撃するとして、自分の妹に対してあんなに優しい言葉をかけてやれるのか?
人と人とが、真に接するとはどういうことかを考えるきっかけとなった。

■轡田真波
母方の祖父が兵隊として船に乗っていた。
乗っていた船が攻撃されても奇跡的に助かった。
祖父は助かったが、きっと「自分が犠牲になることで、家族を助けることができるなら」という思いで乗船したのではないかと思う。
今、自分が生きているこの国は多くの犠牲の上で成り立っているということを改めて分からなければならない。

■守屋圭那
父方の祖父は北海道で頻繁に空襲にあっていた。
空襲によって兄弟が半分になってしまうほどであった。
そんな状況なので当然、勉強がしたくてもできなかったようです。
たった生まれる時代が少し違うだけでこんなにも境遇がかわってしまう。
もっと、後に続く世代の為にもがんばらなくてはならない!


現在の日本は戦時中の多く人々の犠牲の上に成り立っているのです
我々、現代人はそのことについてあまりに無頓着に生きてしまっています。。。
もっとその事実についてしっかりと考え、「こんなに甘ったれて生きてちゃダメだ!!」と自らを鼓舞して事に当たらなければなりません

ましてや、建築は後世に残って行くものです。
建築をやって行こうとするならば、益々この認識は持っておかなければなりません


前田紀貞アトリエ 松下健太

プロフィール

matsukenken0813

Author:matsukenken0813
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。